読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あなたがユニクロやH&Mを選んで、古着を着ない5つの理由

古着

古着が好きで、もっと言うとファッション全てが好きで、通っていた広島の大学を中退し上京したのが5年前。21でこの世界に入って昨年、25歳の時に祐天寺にて一国一城の主となりました。

90年代にヴィンテージ古着というジャンルが確立された頃を第一次古着ブームと呼ぶなら、ぼくが高校生(2005年ぐらい)の頃、カリスマ美容師ブームと共に、第一次のそれとは違った形で古着が脚光を浴びたのを第二次古着ブームとしましょうか。この両者の大きな違いは、第一次は古着というプロダクト自体に価値が付いていたのに対し、第二次はそれをどうファッションという大きなカテゴリーに落とし込むかということでした。

ベタベタに後者で育ったぼくは、日々のスタイル、ファッションに古着を取り入れることが当たり前でした。

しかし時代は変わります。当時ほど爆発的に古着というカテゴリーがフォーカスされなくなりましたが、それでもこの仕事をしていく中で日々考えることがあります。

それは、「なぜ古着を着る人が増えないのか?」ということ。よく言われる汚いからとか、誰が着たかわからないとか、ここで触れるまでもないものは省いた上で(現段階での)その答えをぼくなりにまとめてみました。