世界が絶賛「日本の白いイチゴ、すごい!」

「日本には、内側も外側も真っ白で、種が赤い、『初恋の香り』というイチゴがあります」と書かれた投稿は、投稿から5時間経った午後6時半現在で、4500以上のいいねを獲得。「すごい!」「日本はたまにすごくユニークだよね」などのコメントが寄せられている。

もちろん「初恋の香り」は、日本に実在する。イチゴやサツマイモの苗を生産・販売する三好アグリテック(山梨県北杜市)が2009年に品種登録。白い見た目が酸っぱそうに見えるが、酸味は少なく甘みがある。

ミヨシグループ 新卒採用さんの投稿 2015年1月18日
ニュースウォーカーによると、「初恋の香り」は突然変異で生まれたものだった。それを、毎回同じ白いものができるよう、また甘さと香りをそなえたイチゴにするために、改良を繰り返した。登録までに、20年の歳月を費やしたという。

世界が絶賛「日本の白いイチゴ、すごい!」